鳥海山ろく線の駅たち | 由利高原鉄道・応援サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ/

由利高原鉄道・鳥海山ろく線のすべての駅をご紹介

スポンサーサイト
タグ/

【12】矢島駅(やしまえき)【1】

◆路線内の位置


【羽後本荘駅から】23.0km 【矢島駅から】0km

◆お隣の駅


川辺駅】 ⇒ (2.9km) ⇒ 【矢島駅】

◆矢島駅ひとくちメモ


1938年(昭和13年)10月21日に、国鉄矢島線の終点、羽後矢島駅として開設しました。
由利高原鉄道が開業したと同時に矢島駅と改称しました。
過去には近隣で採れた木材や穀物などの貨物輸送も扱われていましたが、
1981年3月10日に矢島線の貨物列車がすべて廃止となったので、
羽後矢島駅から貨物列車が姿を消してしまいました。
※ 現在、その跡地が由利高原鉄道の車庫となっているそうです。
現在の駅舎は2000年に改築されたもので、「東北の駅100選」にも選ばれた素敵な木造駅舎です。
矢島駅駅舎正面

単式ホーム1面1線の駅という構造は
「由利高原鉄道本社がある駅」としては物足りないようにも聞こえますが、
すぐ隣に車庫がありますし、2編成同時に停車する設定がないことからして必要十分ですね。
矢島駅ホーム

駅舎内には出札窓口と売店、そして直営旅行センターがあります。
駅舎内の素敵な内部

◆矢島駅についてのおすすめサイト


由利高原鉄道公式サイト・・・矢島駅
○JANGO鉄道・・・矢島駅
初代おばこのまつこさん
由利高原鉄道の良さは「おもてなし」。
初代おばこでもいらっしゃる「まつ子さん」が今も矢島駅売店にいらっしゃって、
訪れる人たちを温かくおもてなししていらっしゃる所に私も出会いました。

雪深い地域らしく、12月の初めでもこんな「いかにも雪国」という状態です。
矢島駅全景

記事の続きを読む ≫

タグ/

【1】羽後本荘駅(うごほんじょうえき)【12】

由利高原鉄道・鳥海山ろく線「羽後本荘駅」


羽後本荘駅外観

◆路線内の位置


【羽後本荘駅から】0km 【矢島駅から】23km

◆お隣の駅


【羽後本荘駅】⇒(2.2km)⇒【薬師堂駅】

◆羽後本荘駅ひとくちメモ


JR東日本・羽後本荘駅と共用の駅舎があって、
その右側窓口と改札が由利高原鉄道の利用者用です。
由利高原鉄道の改札口

ホームは一番東側の4番線で、線路はJRとつながっているのですが
「車両搬入などの特別な時以外は行き来できない」ようにされているそうです。

◆羽後本荘駅についてのおすすめサイト


JANGO鉄道・・・羽後本荘駅
連絡跨線橋
タグ/

【2】薬師堂駅(やくしどうえき)【11】

由利高原鉄道・鳥海山ろく線「薬師堂駅」


◆路線内の位置


【羽後本荘駅から】2.2km 【矢島駅から】20.8km

◆お隣の駅


羽後本荘駅】 ⇒ (2.2km)⇒【薬師堂駅】⇒ (2.3km) ⇒【子吉駅

◆薬師堂駅ひとくちメモ


横荘鉄道時代に開設された際、停留場扱い。2009年に改築されました。

◆薬師堂駅についてのおすすめサイト


JANGO鉄道・・・薬師堂駅
タグ/

【3】子吉駅(こよしえき)【10】

由利高原鉄道・鳥海山ろく線「子吉駅」


◆路線内の位置


【羽後本荘駅から】2.2km 【矢島駅から】20.8km

◆お隣の駅


薬師堂駅】⇒ (2.3km) ⇒【子吉駅】 ⇒ (2.9km)⇒【鮎川駅

◆子吉駅ひとくちメモ


横荘鉄道時代に開設された際には玉ノ池停留場と呼ばれました。
簡易郵便局を併設する駅として有名で、
しかも戦前からの木造駅舎として一部ファンに注目されてきましたが、
2011年12月21日に改築完了しました。

簡易郵便局は新しい駅舎にも入っています。

◆懐かしの木造駅舎は・・・


子吉駅・木造駅舎外観
 こんな素敵な「おんぼろ駅舎」でした! (画像クリックで特設ページへ)

◆子吉駅についてのおすすめサイト


JANGO鉄道・・・子吉駅

【4】鮎川駅(あゆかわえき)【9】

由利高原鉄道・鳥海山ろく線「鮎川駅」


◆路線内の位置


【羽後本荘駅から】7.4km 【矢島駅から】15.6km

◆お隣の駅


子吉駅】 ⇒ (2.9km)⇒【鮎川駅】⇒ (2.1km) ⇒【黒沢駅

◆鮎川駅ひとくちメモ


横荘鉄道時代に開設。
当初から鮎川駅として設置されましたが、国鉄時代は羽後鮎川駅と呼ばれました。
由利高原鉄道となった際に再び「鮎川駅」になり、駅舎は2003年に改築されました。

◆鮎川駅についてのおすすめサイト


JANGO鉄道・・・鮎川駅
タグ/

【5】黒沢駅(くろさわえき)【8】

由利高原鉄道・鳥海山ろく線「黒沢駅」


◆路線内の位置


【羽後本荘駅から】9.5km 【矢島駅から】13.5km

◆お隣の駅


鮎川駅】⇒ (2.1km) ⇒【黒沢駅】 ⇒ (0.8km)⇒ 【曲沢駅

◆黒沢駅ひとくちメモ


横荘鉄道時代に黒沢停留場として設置されました。
鮎川駅と同様、国鉄時代は羽後黒沢駅と呼ばれました。
由利高原鉄道となった際に再び「黒沢駅」になり、駅舎は2003年に改築されました。

◆黒沢駅についてのおすすめサイト


JANGO鉄道・・・黒沢駅
タグ/

【6】曲沢駅(まがりさわえき)【7】

由利高原鉄道・鳥海山ろく線「曲沢駅」


◆路線内の位置


【羽後本荘駅から】10.3km 【矢島駅から】12.7km

◆お隣の駅


黒沢駅】 ⇒ (0.8km) ⇒ 【曲沢駅】 ⇒ (1.4km)⇒ 【前郷駅

◆曲沢駅ひとくちメモ


羽後本荘駅~前郷駅の区間内では唯一の、第三セクター化後に新設された駅。
1989年(平成元年)に設置されました。
ホーム1本だけですが、待合室があります。

◆曲沢駅についてのおすすめサイト


JANGO鉄道・・・曲沢駅
タグ/

【7】前郷駅(まえごうえき)【6】

由利高原鉄道・鳥海山ろく線「前郷駅」


◆路線内の位置


【羽後本荘駅から】11.7km 【矢島駅から】11.3km

◆お隣の駅


曲沢駅】 ⇒ (1.4km)⇒ 【前郷駅】 ⇒ (1.9km) ⇒ 【久保田駅

◆前郷駅ひとくちメモ


横荘鉄道として最初に設置された際、羽後本荘駅~前郷駅が全区間でした。
つまり、最初期開通時の終点の駅です。
交換設備がありますので、列車の行き違いを見ることができる駅です。
(国鉄時代には撤去されていたそうです)

◆前郷駅についてのおすすめサイト


JANGO鉄道・・・前郷駅
タグ/

【8】久保田駅(くぼたえき)【5】

由利高原鉄道・鳥海山ろく線「久保田駅」


◆路線内の位置


【羽後本荘駅から】13.6km 【矢島駅から】9.4km

◆お隣の駅


前郷駅】 ⇒ (1.9km) ⇒ 【久保田駅】 ⇒ (2.1km)⇒ 【西滝沢駅

◆久保田駅ひとくちメモ


由利高原鉄道が開業したと同時に開業した駅、
つまり、この会社と歴史を共にしてきた駅です。
ホーム1本のシンプルなつくりの駅です。

◆久保田駅についてのおすすめサイト


JANGO鉄道・・・久保田駅
タグ/

【9】西滝沢駅(にしたきさわえき)【4】

由利高原鉄道・鳥海山ろく線「西滝沢駅」


◆路線内の位置


【羽後本荘駅から】15.7km 【矢島駅から】7.3km

◆お隣の駅


久保田駅】 ⇒ (2.1km)⇒ 【西滝沢駅】 ⇒ (1.4km) ⇒ 【吉沢駅

◆西滝沢駅ひとくちメモ


1937年(昭和12年)に、国鉄として開業した駅です。
その次の年(1938年)に羽後矢島駅(現在の矢島駅)へと延伸するまでの1年弱、終点の駅でした。
ホーム1本のシンプルなつくりの駅で、2003年に駅舎が改築されました。

駅名は、にしたきわ駅で、「さ」に濁点がつかないのですが、
旧村名の西滝沢村は「ざ」なので、濁っていました。

◆西滝沢駅についてのおすすめサイト


JANGO鉄道・・・西滝沢駅

【10】吉沢駅(よしざわえき)【3】

由利高原鉄道・鳥海山ろく線「吉沢駅」


◆路線内の位置


【羽後本荘駅から】17.1km 【矢島駅から】5.9km

◆お隣の駅


西滝沢駅】 ⇒ (1.4km) ⇒ 【吉沢駅】 ⇒ (3.0km)⇒ 【川辺駅

◆吉沢駅ひとくちメモ


1989年(平成元年)10月29日に、由利高原鉄道が新しく設置した駅です。
ホーム1本のシンプルなつくりの駅で、ホームの中央あたりに小さな待合室があります。

◆吉沢駅についてのおすすめサイト


JANGO鉄道・・・吉沢駅
タグ/

最新記事

カテゴリ

プロフィール

2honkai

Author:2honkai
日本海ファクトリーがお届けする「由利高原鉄道応援ブログ」です。第一次廃止対象特定地方交通線となりながら第三セクらーで今なお頑張り続けているローカル線を何としても応援したい!そんな思いで運営しています。

おすすめ秋田グッズ

タグ

おばこ YR-3000 由利鉄サイトリンク アテンダント obako 甲種輸送 おもてなし YR-1500 キャラクター 由利高原鉄道 記念切符 ラッピング 鉄道イベント ゆりてつ ぬりえ 列車交換 木造駅舎 タブレット スタフ 由利鉄グッズ 

サイト内検索

リンク

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。